広島アンデルセン

  1. フェイスブックシェア
  2. ツイート
  3. グーグルプラス

アンデルセンファーム発 2015「志」・「幸」ワインができました


  1. アンデルセンファーム発 2015「志」・「幸」ワインができました

アンデルセンファームは、アンデルセングループの農業分野への新たなチャレンジとして、2005年10月に設立。
広島県北広島町から借り受けた10.4ヘクタールの土地において、デンマークをお手本にした「土から食卓まで」のトータルストーリーのもと、
パンのある食卓に役立つアンデルセン・芸北ブランドの創出を目指しています。

オーガニック(有機)栽培の実現を目指し、独特の土づくりを基本とした方法で、ブドウとリンゴを栽培。
2010年にはともに初収穫を迎え、リンゴは広島アンデルセンでパン、洋菓子、ジャム、ソースに加工して販売しました。
ブドウについてはワイナリー奥出雲葡萄園様(島根県雲南市木次町)に醸造委託し、2011年3月に念願のファーストヴィンテージワイン「志」が誕生。

2012年3月、初めての白ワインが誕生。その名「幸」は、お客様の暮らしのお役にたちたいと願うアンデルセンの「志」が、
お客様の食卓に、暮らしに、パンのある「幸」をもたらすようにとの思いを込めて名付けられました。

2013年、2014年、2015年と、毎年それぞれの個性を持って瓶詰されています。
2015「志」・「幸」ワインをどうぞ、お楽しみください。


◆ANDERSEN-Netでもお買い求め頂けます◆







PAGE TOP



LOAD