Hygge Wedding

ヒュッゲということばが、デンマークにあります。
「人と人とのふれあいから生まれる、温かな居心地のよい雰囲気」
という意味。
ウエディングでもヒュッゲにおふたりらしく。

Something four

欧米での風習、花嫁が身につけると幸せになると言い伝えられている、サムシング・フォー。(Something Blue、New、Old、Borrowed)
私たちがご提案するは、広島アンデルセン流の「Something four」です。
Something old,new,green,そしてSomething bread! 4つのなにか...のその先を、ごいっしょにつくっていきましょう。

Something Old

なにか旧いものを

年月を重ねるごとに味わいを増すものが好きです。
デンマークの名品は何十年も昔につくられたものが珍しくありません。
でも、色あせない。よいものは、時を超えて愛されるんですね。
おふたりもきょうは、ご家族から受け継いだなにか旧いものを。

Something New

なにか新しいものを

これからのすべてが、おふたりのNEW!
当日も新しいなにかをつくって、ゲストのみなさんをおもてなし。
たとえば、芸北の農場で実ったブルーベリーを収穫して、
ジャムをつくったり、パンを焼いたり...。
おふたりの手で、なにか新しいものを。

Something Green

なにか自然なものを

欧米に伝わる本来のSomething fourではblueですが、
私たちはgreen(自然)なウエディングをご提案します。
自然を上手に取り入れることは、旬を大切にすること。
その日を彩る演出に、お料理に、おふたりの思い出づくりに、
なにか自然なものを。

Something Bread

なにかパンを

せっかく広島アンデルセンのウエディングですから
パンに活躍してもらいましょう。
ウエルカムボードにカンパーニュへの名入れセレモニー、
ご両親へのプレゼントに体重ブレッドなんてのも素敵ですね。
ほかにはない、パンの香りあふれる一日。