1. HOME
  2. アンデルセンファーム
  • 土づくりから食卓づくりまで アンデルセンファームは「土づくりから食卓づくりまで」のトータルストーリーのもと、2005年に広島県北広島町(旧:芸北町)で開場。デンマークをお手本にした農薬を使わない栽培をめざしています。2013年には食の安全と環境保全に取り組む農場に与えられる認証「JGAP」を取得しました。おいしさはもちろん、環境にも優しい果実栽培に取り組んでおり、収穫した果実はパンやケーキ、ジュースやワインの材料として使用しています。

りんごの栽培(新わい化栽培)

ヨーロッパでは主流ながら、日本では10%にも至っていない栽培方法で、特長はりんごの木をコンパクトに育てること。あまり枝も茂らないため、光合成で得た養分を十分に実に与えられるとともに、単位面積あたり多くの木を植えることが可能です。木がコンパクトなため、高い位置まで農薬を散布する必要がなく、結果的に農薬の量を減らすことにも繋がっています。パン、洋菓子づくりに適したりんご3品種、約5,300本を栽培しています。

アンデルセンファームのりんご(栽培品種)

  • シナノゴールド
  • 紅玉
  • グラニースミス

ぶどうの栽培

2008年4月に6品種1000本を定植し、2010年に初収穫、2011年3月にはファーストヴィンテージワイン「志」(赤ワイン)が誕生。翌年には白ワイン「幸」が誕生し、その後も毎年ぶどうの木の成熟に合わせて、個性あるワインが誕生しています。ワインの原料となるぶどうは、その品質の重要なポイントとなるため、木チップを利用した「土ごと発酵」と呼ばれる独特の土づくりと果樹の着果量を決めて房数制限を行うことで、品質を高めることに努めています。現在は赤ワインの品種(メルロー、ピノ・ノワール、カベルネ・ソーヴィニヨン)と白ワインの品種(ソーヴィニヨン・ブラン、シャルドネ)約1,000本を栽培しています。

アンデルセンファームの
りんごとぶどうを使った商品

  • アンデルセンファームのりんごやぶどうを使ってパンの原料にしたり、ジャムやケーキなどにしています。一部の商品はオンラインショップでご購入いただけます。
farmer's Bread
farmer's Bread
PAGE TOP